楽曲制作のディレクションの際に対面でできるとやっぱりスムーズです


弊社では選曲では対応が難しい場合や
よりコンセプチャルにサウンドの制作を行う場合
楽曲の制作もときおり行っています。

その制作方法なのですが
最近は担当者の楽曲制作中に同席させていただいたり
作家さんに弊社に来ていただいて制作することも増えました。

基本的には作家さんが自分の環境で
自由に制作するのが一番パフォーマンス良く
制作可能だと思うのですが
納期がタイトな案件や修正にレスポンスの良さが必要な場合は
上記のような形態での制作がスムーズに行く場合も
多いように感じています。

顔をあわせて、その場でディレクションできることによる
イメージ伝達のスムーズさ、スピードのメリットは大きいです。


制作のご依頼の詳細のご案内。
効果音のハードディスク通信販売の詳細のご案内。
映像やゲームのサウンド制作、各種ご依頼は【06-6439-7000】【post@codama.co.jp】 まで。