注意事項

・防音室の壁へのもたれかかりにつきまして
防音質の壁へはもたれかからないようにご協力をお願いいたします。
防音室の壁はロックウールの上にガラスクロスを貼ったものを使用しています。
(ロックウールは力をかけるとへこんでもとに戻らなくなります。)

・コントロールルームの防音性能につきまして
(現在準備中の)コントロールルームは簡易防音(2重窓+簡易吸音施工)となっており
レコーディングブースと比べて遮音・吸音性能が低くなっています。
時折外部よりの音が入ってきますのであらかじめご了承ください。
簡易防音の編集室+防音ブースのようなイメージでお考えいただけましたら幸いです。

・映像の再生につきまして
映像を再生しながらの録音は事前にご相談ください。
一般的な映像のフォーマットでしたら再生できる場合が多いですが
ソフトとの相性によっては恐れ入りますが再生できない場合があります。
推奨フォーマット:コンテナ…mp4 コーデック…H.264
タイムコードの表示を映像に焼き込んでいただくことを推奨しています。
(タイムコードの例)
テープメディアには対応していません。

・機材トラブル等の不慮のアクシデントにつきまして
機材トラブルや不慮のアクシデントで録音が中断してしまった場合、
中断時間の延長もしくは別日の振替で録音をさせていただきます。
上記以外の補償・返金は行なえませんので恐れ入りますがご了承いただけましたら幸いです。